更新履歴
    頭皮に不安を持つ男

    男性に多い脱毛症状の一つにAGAというものがあります。
    一般的な病気のように体に不調が出るわけではありませんが、薄毛になると見た目が気になってしまうでしょう。
    そこで効率よくAGAを治療したいという場合、フィナステリドという薬が使われることになります。
    この薬はAGAの特効薬と呼ばれており、臨床試験では90%の人に対して効果が示されました。

    薄毛や抜け毛は放置しても改善しませんし、時間の経過とともに進行してしまいます。
    そのためフィナステリドという特効薬を利用し、できるだけ早くから治療することが大切です。
    その作用機序から理論的に発毛を促す作用などはありませんが、実際には発毛を促進することに繋がりますし、髪の毛の長さや太さなどを改善することもできます。

    AGAってなに?

    薄毛や抜け毛が進行すると実年齢より老けて見られることもありますし、見た目の印象が悪くなってしまいます。
    薄毛や抜け毛を引き起こす症状としてAGAというものを聞いたことがある人もいるかもしれません。

    AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、男性のみが発症する薄毛や抜け毛の症状です。
    原因となるのはジヒドロテストステロンという男性ホルモンであり、女性が発症することはありません。
    薄毛や抜け毛が発生している部分にはジヒドロテストステロンが多く存在しており、この物質によって症状が引き起こされていることが分かります。

    ジヒドロテストステロンにはヘアサイクルの成長期を短くするという作用があります。
    そのため髪の毛がきちんと成長する前に抜け落ちるようになってしまうのです。
    ジヒドロテストステロンはどのように発生してしまうのかということですが、もともと髪の毛に無害な男性ホルモンが酵素と結びつくことにより、ジヒドロテストステロンに変化してしまうという仕組みです。

    変化した男性ホルモンであるジヒドロテストステロンは髪の毛の成長期を短くしてしまいますし、AGAの原因になってしまいます。
    ジヒドロテストステロンは男性ホルモン受容体を通して取り込まれることにより、ヘアサイクルを乱してAGAを引き起こすと言われています。
    この受容体の感受性が遺伝的に高い人はAGAに感染しやすくなるとされています。
    そのため親戚や家族に薄毛の人がいる場合は注意しましょう。

    遺伝的な要素が無くても生活習慣によってはAGAが発生しやすくなることもあります。
    乱れた食生活を送っている人や過度の飲酒をしている人、ストレスが溜まっている人などは注意が必要です。
    また、喫煙をしている場合は血流が悪化してしまいますし、髪の毛に必要な栄養素をきちんと届けることが難しくなります。
    アルコールの過剰摂取も髪の毛に悪影響を及ぼします。
    AGAを予防したり改善したいという場合、規則正しい生活を送るようにしましょう。

    正常なヘアサイクルでも新しい髪の毛が生える代わりに古い髪の毛は抜け落ちます。
    そのためある程度の抜け毛があるのは当然のことです。
    しかし、抜け毛の量が多くなってきた場合や髪の毛全体のボリュームが減ってしまった場合はAGAの可能性があるので注意しましょう。
    AGAになると成長と中の髪の毛まで抜け落ちてしまいます。

    AGAの特徴としては思春期以降に発症することや少しずつ進行していくこと、額や頭頂部から進行すること、1日100本以上の毛が抜けることなどが挙げられます。
    このような特徴がある場合はAGAの可能性がありますし、できるだけ早く治療を開始した方が良いでしょう。

    AGAは進行性なので放置しておくとどんどん抜け毛が増えていきますし、自然に治ることもありません。
    また、治療が遅すぎるとほとんど効果を得られないこともありますし、早めに皮膚科や専門のクリニックで相談することが大切です。

    AGAの治療法としては自宅で育毛剤を使う方法やレーザー治療、注射、植毛などがあります。
    AGAの進行度やタイプによっては複数の治療法を組み合わせることもあるため、ドクターに相談してみましょう。
    治療にかかる費用は皮膚科やクリニックによって異なってきます。
    保険は適用されないので高額になることもありますが、見た目を改善したいならプロに任せた方が良いでしょう。

    内服薬による治療は高い効果を期待できますが、副作用のリスクもあります。
    治療によるメリットだけでなくデメリットやリスクについても知っておくことにより、最適な治療法を選ぶことができるでしょう。
    信頼できるクリニックならAGAの状態に合わせて最適な治療法を提案してくれます。
    また、予算に合わせた治療法を提案してもらえることもありますし、安心して治療を開始することができるでしょう。

    フィナステリドの作用機序

    フィナステリドはAGAの特効薬として知られていますが、なぜこの成分がAGAに効果的なのかということについてはよく分からないという人も多いでしょう。
    薄毛や抜け毛を改善するためにフィナステリドを使用したいという場合、作用機序やメカニズム、副作用について知っておくことがポイントです。

    AGAの原因は男性ホルモンのジヒドロテストステロンです。
    ジヒドロテストステロンはもともと男性の体内にたくさん存在するわけではなく、テストステロンという男性ホルモンが酵素によって返還されることで増えてしまうということです。

    ジヒドロテストステロンが毛乳頭の受容体と結びついた場合、毛乳頭や毛母細胞の働きを弱めてしまいますし、抜け毛の原因になってしまいます。
    頭部の前頭部や頭頂部にはジヒドロテストステロンを生成する酵素が多く存在しており、AGAを発症すると生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなりやすいと言われています。

    フィナステリドには酵素の働きを抑制するという作用があります。
    ジヒドロテストステロンの生成を抑えることにより、AGAの進行を抑えることができるでしょう。
    AGAは放置しておくとどんどん進行してしまいますし、若々しい見た目をキープしたいならフィナステリドによる治療をできるだけ早めに開始することが大切です。

    フィナステリドの効果の出方については個人差もありますが、3ヶ月程度で抜け毛が少し減少してきたという人が多いです。
    薄毛は半年~1年程度で改善しますし、3年間治療を続ければ髪の毛が増えたという人もいます。
    しかし、フィナステリドの服用をやめると再びAGAの症状が進行することになります。
    髪の毛の状態をキープするためには治療を長期間続ける必要があるでしょう。

    フィナステリドはAGAの改善に高い効果を期待できる薬ですが、副作用のリスクもあるということです。
    この薬の副作用で最も重い症状は肝機能障害です。
    薬というのは肝臓で代謝されるため、服用することで肝臓に負担がかかってしまうということです。

    フィナステリドの副作用のリスクを避けたいという場合、服用する前に肝臓の検査を受けると良いでしょう。
    また、服用を開始してからも定期的に検査を受けることにより、安全に薄毛の治療ができるようになります。
    フィナステリドを服用して食欲不振や疲労、倦怠感などの症状が発生した場合、肝機能が低下している可能性が考えられます。
    その場合は一度服用を中止して様子を見ましょう。

    フィナステリドを服用したら抑うつ症状になってしまったという人もいます。
    服用を中止してもうつ症状が続き、仕事ができなくなった人もいるということなので注意が必要です。
    このような症状が発生するリスクはあまり高くありませんが、気を付けた方が良いでしょう。

    フィナステリドは未成年や女性が服用することはできません。
    特に妊娠の可能性がある女性や妊娠中の女性は胎児に悪影響を及ぼす危険性があるので注意しましょう。
    もともと女性の薄毛はジヒドロテストステロンによって引き起こされるわけではなく、フィナステリドを服用しても効果がないと言われています。
    触っただけでも薬の成分が皮膚から吸収されてしまう可能性があるため、フィナステリドでAGAの治療を行っている男性側も女性が触れないように注意しましょう。

    フィナステリドの作用機序で耐性がつくという話があります。
    このような話を聞くとフィナステリドで薄毛の治療をしている人は不安に感じてしまうかもしれません。
    もしこの薬で耐性がついてしまうのなら、現在の量ではいつか効果が出なくなってしまうことになります。
    しかし、どんどん薬の量を増やしていけば副作用のリスクが高まってしまうでしょう。

    実験によるとこの薬を服用することで耐性がついてしまうリスクは無いということです。
    長期間服用しても効果が低下することはありませんし、飲み続けることで薄毛の改善効果はさらにアップすると言われています。

    フィナステリドとEDの関係

    フィナステリドはもともと薄毛治療のために作られた薬ではなく、前立腺肥大の治療のために作られた薬です。
    前立腺肥大のために浸かっていた薬が薄毛にも効果があると分かり、現在では薄毛治療薬としても使われるようになりました。

    男性ホルモンは思春期以降に分泌量が増え、男性らしい肉体を作る作用や性欲の源になるといった働きを持っています。
    フィナステリドは男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを阻害するという効果があります。
    そのため性欲低下やEDなどの男性機能障害が起こりそうというイメージを持っている人もいるでしょう。

    しかし、フィナステリドはテストステロンを減少させる作用はないため、服用することで性欲低下やEDなどの男性機能障害が発生することはないとされています。
    フィナステリドによって報告されている性欲低下やEDなどの男性機能障害は基本的に自覚症状であり、あまり気にしなくても良いでしょう。

    フィナステリドにはテストステロンを減少させる作用はないのですが、臨床試験ではEDを申告した人がいます。
    臨床試験でフィナステリドを服用した0.7%の人がEDを申告したということです。
    しかし、もともと日本の成人男性の約6.2%はEDと言われています。
    そのため臨床試験の被験者の中にたまたまED予備軍がいたということも考えられますし、フィナステリドの副作用でEDになったとは考えにくいでしょう。

    EDは精神面の問題が原因で発生することもあります。
    あくまでも自覚症状ということですが、フィナステリドの副作用として性欲低下やEDなどの男性機能障害が報告されていることは事実です。
    もちろんEDになる原因はフィナステリドだけではありませんし、普段の生活習慣やストレス、加齢などが関わっていることもあります。

    生活習慣に乱れがあるとEDは発生しやすくなると言われています。
    特に注意が必要なのは食生活であり、糖分や脂質の摂り過ぎには注意しましょう。
    糖分を摂り過ぎると糖尿病の原因となりますし、脂質を摂り過ぎると高脂血症を引き起こします。
    このような病気がEDの原因になってしまうこともあるため、普段の生活習慣を見直してみましょう。

    フィナステリドは臨床試験によってEDのリスクが高まることはないと考えられています。
    しかし、既にEDになっている場合には使用を控えた方が良いでしょう。
    EDの治療は対処を間違えるとなかなか治らなくなってしまうこともあります。
    治療が遅れてしまうこともありますし、正しい方法で対処していくことがポイントです。

    フィナステリドはAGAを改善するための薬です。
    しかし、AGAというのは命に関わる重大な病気ではありませんし、絶対に治さなくてはいけないというわけではありません。
    AGAになって薄毛は増えても気にならない場合はフィナステリドを服用する必要はないでしょう。
    EDなどの男性機能障害を改善したい場合はできるだけ余分な薬を服用しない方が良いということです。

    AGAの治療のためにフィナステリドを服用してEDになってしまった場合、フィナステリドを処方してもらったドクターに相談しましょう。
    基本的に薬を服用して副作用が出たらその薬の服用を中止する必要があります。
    フィナステリドの場合も服用を中止すれば副作用は治まることが一般的です。

    しかし、フィナステリドの服用をやめても副作用が治まらないことがあります。
    EDやその他の男性機能障害、疲労感、倦怠感などといった症状がずっと続いてしまうことになります。
    このような症状が続くと心身ともに大きな影響が出てしまいますが、発症する確率についてはそこまで高くありません。
    フィナステリドを服用して副作用が発生した人のうち、5%程度の人は辛い症状がずっと続く可能性があります。
    このようなリスクも知ったうえでフィナステリドの服用をしましょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。